FC2ブログ

ゆうきケア体操導入教室

 中部地区における「ケア体操」実施教室です。お問合せは下記にて。

     ・ほっと名古屋☆ゆう

          ゆうきケア体操  木曜日 月3回 AM 10:00~11:30
    
            ほっと一息カフェ3F (名古屋市中区大須一丁目22-17青木ビル)
            地下鉄 大須観音駅3番出口 すぐ
 ♪お問合せ♪

         坂下  洋子   TEL 090-5110-3465
         石黒 まり子   TEL 090-5111-0858

ゆうきプログラムを導入して

しんり指圧マッサージ院 佐々木真理

現在、訪問マッサージを通してゆうきプログラム(主に基本動作)を実施しております。
ご高齢の方が対象なので、患者様ご自身で行っていただくのが難しい点ではありますが
93歳になるおじいちゃまが「トントン(脚長差調整のことです)やってくれると調子がいい!」と言って
自ら上の下肢を前に出して、施術するのを待ってくださっています。
以前は膝と腰部の痛みが強く、日課の散歩もままならない状態でしたが、現在は元気にお出かけになっています。
リハビリ的な要素があり、無理なく行え、効果もだせるため、患者様のみならず、ご家族、ケアマネージャーの満足度も高く、高評価をいただいております。

腰痛治療に対する考え

おくだクリニック 理学療法士 田部大弘

腰痛治療に対する考え

 人の脊柱を横から見ると、S字状の湾曲を描いており、この湾曲により、身体へかかる負担を軽減することが可能です。不良姿勢や運動不足によってS字のバランスが崩れると、身体へかかる負荷をうまく分散できず痛みやしびれ等の症状を引き起こします。また、長期間バランスが崩れた状態で過ごすと、椎骨や椎間板の変形を招き、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア等の危険性が高くなります。治療においてはこのS字状湾曲のバランスを整えることが重要であり、当院では運動指導としてPSTRエクササイズを推奨しています。
まずはご自身の姿勢を確認していただき、猫背・反り腰・側弯といった姿勢の特徴に合わせて運動を行います。基本は寝た姿勢、座った姿勢で行うので、体に無理な負担がなく体操を行うことができます。また、股関節・膝関節の可動域制限でも脊柱のS字バランスを崩すため、必要な方には下肢の運動プログラムも指導しています。患者様より運動後に足に力が入る、腰の曲げ伸ばしが楽になるといった声をよく頂き、治療効果を実感していただいております。最後に、腰痛にもさまざまな種類があるため、まずは病院で医師の診察を受け、腰痛の原因を把握し、正しい治療を受けることが大切です。

ヨガクラスでゆうきプログラム導入 下辻倫子

MELLOW TIME
下辻倫子


昨年より、既存ヨガクラスにてゆうきプログラムを取り入れています。
主に骨盤・脚長差の調整、ドルフィン運動、8の字ゆらしなどをウォーミングアップとクールダウンに行っています。
特に、加齢により以前より身体が動かしにくくなったと感じている生徒さんからは、簡単で効果的と大変好評です。
中でも8の字ゆらしは、あらゆる関節に応用が効くので、膝・股関節だけでなく、腰・肩・肘手首など、その時々でバリエーションをつけて飽きずに行えます。
グループレッスンで取り入れるには大変優れた点です。今後も積極的にゆうきプログラムを実践したいと考えています。

ケア体操を取り入れた教室について

ケア体操をとりいれた教室について
                                                                   
ゆうきプログラム・ケア体操の勉強をさせていただき教室に取り入れて約一年が経ちます。

※ケア体操主体にオリジナルを入れた教室
ここでは初めに体操の目的、ポイント、特長を伝え教室での体験を家で実施することで予防改善につながることを伝えます。体操を覚えて家でできる自信が
つくまで教室参加で体操をしましょうという形をとっています。

※公的機関の教室
ここではリハビリテーション事業の運動内容にケア体操を取り入れています。
いずれの教室も改善効果が見られる方が多く喜んでいただいています。

事業者リハビリの前段階としておこなっては?という案もでております。
すばらしいメソッドを良い形で体操を受ける方々に伝わるよう願いつつ教室を行っております。

健康運動指導士
 小林 明美

楽天ランキング
プロフィール

大谷内輝夫 

Author:大谷内輝夫 
大阪のゆうき指圧です。
独自に開発いたしました
ゆうきプログラム(PSTRエクササイズ)で
皆様の膝関節・股関節の
お力になれればと思います。

最近の記事
最近のコメント
訪問者数
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード