第18回 ゆうき膝・股関節研究レポート

第18回 ゆうき膝・股関節研究レポート      2008.5.8追加

8の字ゆらしについて

①自分で②自宅で安全に③簡単にそして短時間で効果が実感出来る
といった我々が開発しました8の字ゆらし(運動治療法)を行う事により現在の股関節治療において難しいと言われておりました以下の症状の改善においては各個人により多少の差が見られますが全体評価としましては約80~90%の症状に効果が見られました

改善や効果度
一時的ではありますが、屈曲、伸展、外旋、外転や可動域の拡大などの効果が証明され、この運動を続ける事により長期的に痛みの緩和や可動域の拡大といった効果を得ることが出来ます

具体的な事例としては
①屈曲角が拡大する事により膝・股関節が曲がるようになる為、爪が切りやすくなったり靴下が履き易くなる
②左右の足の長さが揃う為歩行のブレが少なくなった
※軟骨の消耗部分の長さは合わせることが出来ません
③足が左右に開きやすくなり地面をふんばる力が強くなる
④自分で簡単に安全に骨盤のゆがみの修整が可能となり、腰痛が軽減し、足指の力が増し歩行が楽になる
⑤夜間・就寝や外出及び日常生活中の股関節の痛みを即時に軽減することが可能
⑥歩き始めや動き始めの第一歩の痛みが軽減
等これらの症状の改善運動により多数の皆様が痛みの軽減と可動域の拡大を体験し、手術の延期や回避をも可能となっております

?術前リハビリ(術前運動治療)
患者様に7年前から提唱しております
股関節手術前に行う術前リハビリ(術前運動治療)を実行して頂きましたところ
手術効果をより高め早期の社会復帰が可能となり将来の展望が見えてきたといったお声やさらに予定されていた手術の回避を実現された方もおられます

?術後リハビリ(術後運動治療)
①1度手術した側の股関節の再手術を防ぐ
②手術していない側の股関節痛の発生や手術を防ぐ

?通常の運動療法
①通常の痛みの緩和と可動域の拡大
②いまだ痛みや可動域制限は無いものの先天性の股関節疾患を有している方や股関節に心配をお持ちの方の予防と治療

以上
3つの治療を柱として日々研究し、治療に携わっております

ゆうきプログラムの治療理念
患者さんにたいして希望納得そして感動へ
膝・股関節治療の主人公は貴方です、さらにもうひとりのメインも貴方です 
(一部抜粋にて)

ゆうき股関節研究所 大谷内輝夫

又、マキノ出版から発売しております
「膝痛・股関節痛は自分で治せる」を数多くの方々が愛読して下さりわずか1年で6版を重ねるにいたり喜びと同時に決意を新たにしております
又安心5月号に掲載することが決まりました。




今後共宜しくお願い致します
楽天ランキング
プロフィール

yukishiatsu

Author:yukishiatsu
大阪のゆうき指圧です。
独自に開発いたしました
ゆうきプログラム(PSTRエクササイズ)で
皆様の膝関節・股関節の
お力になれればと思います。

最近の記事
最近のコメント
訪問者数
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード